Nfam...





君に逢えたことに
悔なんてない



pass please.
夜の風に揺れてる 黒い長い髪 甘い香り出会った頃 と同じ 見た目以上に明るい その性格に 俺は惚れたこれが 恋かと知った でもあの頃の お前は高嶺の花 だから逢うたび カッコつけてみたけれど 飾らない笑顔見て ありのままの自分で いられたよ あれから月日 流れたけれど ただ一つ変わらない 想いがあるから… 今お前と二人で見る この景色が ずっと色あせぬように 今お前と二人で 歳を重ね合える喜びを いつまでも忘れないよ